多くの情報を入力するような登録画面で登録情報の一時保存くらいしてくれよっていう話

某サービスに自身の情報を登録していたのだけどそこで非常にストレスを感じたという話。

情報を途中まで入力してページを閉じてまた登録画面に行くと入力情報が初期化される。

入社する際に必要な情報を入力するのだけど入れなければ行けない情報や用意しないといけない書類が何かと多い。 なので途中まで入れてあとで…とやろうとするとなんと初期化されてしまう。

これがゲームのユーザー登録画面だったら大したゲームじゃなければ僕はここで離脱すると思う。(ゲームの場合入社情報ほど多くの情報を入力する事は無いだろうけど)

画像が正常にアップロードされておらずエラーになり入力情報が初期化される。

すべての情報を入力していざ登録…!としようとするとサービス側のエラーページに飛ばされて戻ると入力情報がリセットされていた。

すべての情報を入れたあとにまた同じ情報を入れさせられるのはなんていうか大げさにいうと仕事終わりに家に帰宅したら鍵を会社に忘れて会社に取りに戻るくらいだるい

いやそこまでじゃないけどだるい。

登録後は・・・?

特に不自由なく前の会社で使ってたサービスより便利そうだといいなーと思いつつ… 今との頃なにもない。でもサービスの最初の体験が上に書いた通りだったので少しだけ不安。なお迷惑かもしれないけどフィードバックをTwitterで投げておいた。

実際どうあると便利だったんだろう?

こういう画面でよくある施策を書いてみる

ページ遷移をしようとする際に遷移するとどうなるかというダイアログ表示

Gmailでメールを書いてる最中とかに遷移しようとする出るアレ。 ページを遷移しようとすると初期化されると明言されるとまあいいよねってやつ。 ぶっちゃけ2018年のサービスで一時保存してないなんて考えてなかった。

途中まで入力した情報を一時保存

正しい正しくないはどうでもいいので入力した情報を一時的に保持していてほしい 最終的な登録の時にもしも必須項目の入力が不足していたらその時に入力すればいい いちいち登録ボタンを押す度にチェックしたりする必要はない。

とりあえず入力。とりあえず情報は保持される。最終的なチェックは登録しようとしたら行われて不足があれば不足分のみ修正すればいい

…と思う。 入力したデータはとりあえず勝手に保存されていてほしい。

おわりに

登録画面は多くのサービスの最初の体験で最初の離脱ポイント。 サービスの一番最初の体験の良し悪しはその後の体験の期待にも不安にもなる。 ゲームでもそうだけど最初の5分とか10分とかのチュートリアルとかそういうので多くの人が離脱する。 チュートリアルがなくても離脱する。

でも利用必須のサービスは離脱する事は無いんだけど体験としてひどければひどいほどそのサービスを利用するのを辞めてくれという声は大きくなる。もっと気軽に乗り換えられればいいんだけど社員が多ければ多いほどコストが重たい…気がする。

長く使うことになるサービスだからこそ体験は良いものであって欲しいと思うのでありました。

/*コードブロックに言語名を表示*/ pre.code:before { content: attr(data-lang); display: inline-block; background: #ccc; /*カラーコード変更*/ color: #666; padding: 3px; position: absolute; margin-left: -20px; /*表示位置を調整*/ margin-top: -30px; } pre.code { padding-top: 30px !important; border:2px solid #ccc; /*追加:コード表示部分の枠設定*/ background:#f8f8f8; /*追加:コード表示部分の背景色*/ position:relative; /*追加*/ }