Unity2018.1.0b2 ShadeGraph のプレビューが表示されないときの対策

Unity2018についにシェーダーのノードエディタが搭載される! - えんの付箋紙と小さなダンボールの中の続き

Unity2018.1からShaderのノードエディタが追加されるらしくこちらの記事で導入方法を書きました。

さて、この方法で導入した方困ってませんか? 僕はちょっと困ってました。 なぜなら

f:id:enpel715:20180111221812p:plain

Previewがでない!

対応方法

ProjectSettings/GraphicsSetting にあるScriptableRenderPipelineSettingsにファイルを追加する。

f:id:enpel715:20180111222049p:plain

ScriptableRenderPipelineSettingsがない場合。

Assets/Create/RenderPipeline/Lightweight/PipelineAsset から作成することができます。(右クリックからでも可能)

f:id:enpel715:20180111222251p:plain

無事表示されるようになりました。

f:id:enpel715:20180111222424p:plain

/*コードブロックに言語名を表示*/ pre.code:before { content: attr(data-lang); display: inline-block; background: #ccc; /*カラーコード変更*/ color: #666; padding: 3px; position: absolute; margin-left: -20px; /*表示位置を調整*/ margin-top: -30px; } pre.code { padding-top: 30px !important; border:2px solid #ccc; /*追加:コード表示部分の枠設定*/ background:#f8f8f8; /*追加:コード表示部分の背景色*/ position:relative; /*追加*/ }