Unity2018についにシェーダーのノードエディタが搭載される!(追記アリ

こっちは久しぶりの更新。 雑な更新は えんのアレ – 主にUnityな話 でやってます。

さて、本題。

blogs.unity3d.com

ついにUnityにもノードベースのシェーダーエディタが搭載されるみたいです!やったね!

導入手順

f:id:enpel715:20180111033500p:plain

UnityPackageManagerのmanifest.jsonに以下を追加するだけ

{
    "registry": "https://staging-packages.unity.com",
    "dependencies": {
        "com.unity.render-pipelines.lightweight" : "0.1.21",
        "com.unity.shadergraph" : "0.1.9"
    }
}

使い方とかは後日まとめますが、取り急ぎ触ってみたい人はぜひ~~

追記

ShaderGraphのプレビューが表示されない事案が発生したため対応方法を追記しました

enpel.hatenablog.com

/*コードブロックに言語名を表示*/ pre.code:before { content: attr(data-lang); display: inline-block; background: #ccc; /*カラーコード変更*/ color: #666; padding: 3px; position: absolute; margin-left: -20px; /*表示位置を調整*/ margin-top: -30px; } pre.code { padding-top: 30px !important; border:2px solid #ccc; /*追加:コード表示部分の枠設定*/ background:#f8f8f8; /*追加:コード表示部分の背景色*/ position:relative; /*追加*/ }