読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えんの付箋紙と小さなダンボールの中

LOLとかスマホゲームとかたまに開発も サモナーネーム: enpel

GlobalGameJamってイベントに参加してきました。

Born to Beans | Global Game Jam®

 

遊べ!!

 

 

今回のゲームジャムはとてもうまく行ったゲームジャムだったなぁと感じました。

メンバー構成は

・企画1人

・アート2人

・エンジニア4人

とまあまあバランスが取れた構成でした。

 

忘れそうだし覚えていることをかいて今日は寝ます。

 

1日目

やったこと

・みんなで飯を食いにいってお互いを知る(ゲームジャム歴とか好みとか)

・Ritualから連想されるものを樹形図っぽい感じで列挙していった

・ふわっと出た企画から具体的に基本的な遊びについて考えた

・エンジニア同士で話し合ってクラス図を書いた。

 

この辺正直企画がまとまるまではすごく時間がかかるもんですがわりとまとまりました。

特に企画の人が遅れてきたんですが非常に優秀な方だったので、僕らが考えた企画をしっかりまとめてもらいました。

 

エンジニア側はなんとなく今分かること。企画の人が考えている事等を聞き取りクラス図を作成。

1日目の企画がなんとかまとまったからこそというのもあるんですがこれが出来たのが非常に大きい

実装の連携を行う時にその仕様に基づいて作成すれば良いとなる。

ただ、徐々に忙しくなっていくとそういう時間も取りづらいというのもあったなぁと思ったのでもうちょっと設計について自分も知るべきだと思いました…

勉強します。

 

2日目、3日目は作業ばかりになります。

 

今回良かったなと思った事・次もやりたいなと思ったことが幾つかあるので列挙します

・ちゃんと夜帰る

・設計をしっかりする。クラス図書く

・企画側のまとめ役は一人に任せる

・エンジニアのみGit管理。リソースはデータ転送でもらう

・PlantUML

・UniRx

 

逆にあまり良くなかったこと

・作業が多くなってくるとエンジニア同士でもあまり喋らなくなってしまったこと。もうちょっと実装の相談とかしてもよかったかもしれない

・メンバーがやりたかったことが未完になってしまった。

 

 

そんな感じ。

 

設計や画面遷移は早めに絵や図に起こして共有するべきだなぁとおもいつつ。

次回はいつかわからないけどがんばりたい。

 

おわり