技術系

GGJ2019のメインループの実装の話

前回のお話 enpel.hatenablog.com メインループ 今回は特別複雑な遷移が無かったので最終的に次のようになりました。 async UniTask GameLoop() { mapController.ShowNextEvent(); while (IsAlive) { playerStatusView.HideEffect(); mapController.SetDayCo…

GlobalGameJam2019 中野会場に参加してきてゲームを1本リリースしました。

できたもの play.google.com globalgamejam.org 使ったもの Zenject UniRx GGJ2019が終わりました。 お疲れ様です。 GGJ2019が無事終わりました。 成果物はNoxAppとかであそべるんでぜひあそんでください! 今回のチーム 今回は以下のような構成でした プロ…

今日の雑 肉の日

今日はこのあと肉の日なんで肉を食べます。 なんとなく気になったやつ www.moguravr.com あほげーは来週 あほげー | TOPページ Weekly Game Jam Weekly Game Jam - itch.io Qiitaで気になった記事 qiita.com qiita.com qiita.com qiita.com qiita.com qiita…

Unity2018.1.0b2 ShadeGraph のプレビューが表示されないときの対策

Unity2018についにシェーダーのノードエディタが搭載される! - えんの付箋紙と小さなダンボールの中の続き Unity2018.1からShaderのノードエディタが追加されるらしくこちらの記事で導入方法を書きました。 さて、この方法で導入した方困ってませんか? 僕…

GlobalGameJamってイベントに参加してきました。

Born to Beans | Global Game Jam® 遊べ!! 今回のゲームジャムはとてもうまく行ったゲームジャムだったなぁと感じました。 メンバー構成は ・企画1人 ・アート2人 ・エンジニア4人 とまあまあバランスが取れた構成でした。 忘れそうだし覚えていること…

InvalidOperationException: Operation is not valid due to the current state of the object

Linqを使っている箇所にて表題のエラーが発生した。 List.Max(hoge=> hoge.fuga);みたいなところでおきてたので最初iOSのあるあるかな?と思ったけど違った。 結果だけ言うと Listさんが空配列になっていたのが原因っぽい ぐぐると下記のページがすぐ出てく…

レベル11でジャングルをやってみて死んだ話とか作業のはなし

レベル30のプレイヤーになって初めてゲーム本来のバランスに出会えるというのはコレひとつの離脱ポイントなのではないだろうかと思った。これが一部の人からLOLがPay2Winと呼ばれる理由だろうなと… 結論からいうとレベル20まではおとなしくレーンいけ!! い…

ぷろぐらむ 画面遷移の試作メモ

public class AAA : AaaBase<HogeData>{ public override void Open (HogeData t) { base.Open (t); } public override void Close() { base.Close (); }}public class AaaBase<T>{ public virtual void Open(T t) { } public virtual void Close() { }} これならいけるか</t></hogedata>…

UnityとReactiveExtensions & 最近のゲームの話

最近Rxってのをだいぶ聞くようになりました。 自分はC#ってプログラミングの言語つかって開発してたりUnityつかってたりみたいなのあるんですが そんな感じでそろそろ調べたほうがいいなーって思ったので資料まとめ . Linq Unityでもう少しc#を書きたい人の…

/*コードブロックに言語名を表示*/ pre.code:before { content: attr(data-lang); display: inline-block; background: #ccc; /*カラーコード変更*/ color: #666; padding: 3px; position: absolute; margin-left: -20px; /*表示位置を調整*/ margin-top: -30px; } pre.code { padding-top: 30px !important; border:2px solid #ccc; /*追加:コード表示部分の枠設定*/ background:#f8f8f8; /*追加:コード表示部分の背景色*/ position:relative; /*追加*/ }